記事一覧

ちょこっと計算してみたら・・・

通販大手の 

 楽天 


太陽光発電の通販を始めたみたいです

楽天


-ネット通販を活用した独自の流通形態で低価格を実現-

驚くべきは まさに 価格


10年間のシステム・工事保証付き  国内メーカーパネル使用 

・2.77kWモデル  950,000円(税抜) 853,050円(国補助金控除後の価格)
・3.33kWモデル 1,155,000円(税抜)1,038,450円(国補助金控除後の価格)
・3.88kWモデル 1,320,000円(税抜) 1,184,200円(国補助金控除後の価格)
・4.44kWモデル 1,485,000円(税抜) 1,329,600円(国補助金控除後の価格)



固定買取が決定され

太陽光   10kW以上   10kW未満   10kW未満(ダブル発電)
                       
 調達価格   42円      42      34円
 調達期間  20年間    10年間    10年間


ちょこっと計算してみると 

一般的に 太陽光発電システムは出力1kW当たり、年間1000kWhの発電量

とされているようですから

単純に 42円 × 年間1000kWh = 42,000円

上記に記載してる 楽天ソーラー の 2.77kWモデル  950,000円(税抜) を設置したとすると

42円 × 年間2770kWh = 116,340円(1年間)の売電

997,500円(税込み) ÷ 116,340円 = 8.574

つまり 9年で 投資金額を回収することができてしまいます ※素人の単純計算ですので、ご了承ください

これに各種補助が出るようですので、利回りはもっと良くなります

問題は 10kW以上 42円買取 20年固定

10kW 設置いたと想定して計算してみると

42円 × 年間10000kWh = 420,000円

1KW あたり 設置費用は約35万ほどですので 10kWで3,500,000円として

3,500,000円 ÷ 420,000円 = 8.33年 が損益分岐点

9年目以降利益 年間420,000円 × 11年 = 4,620,000円 利益が確定します

銀行で全額借り入れ したとしても儲かりますね 

いや、利益が出ないはずがありません 


固定買取制度

たぶん、政府の想定を遥かに上回るスピードで

普及するのでしょうね

で、売電によって支払われる利益 負担するのは

私たち 全利用者 です

僕はお金も無いですし、興味もありませんので

詳しく知りませんが、せめてこの政策

《 ただし国産メーカー製パネル・設備 でないと固定買取しない 》 とかにしないと

単純に利益だけを求め 安い外国製のパネルを使用するなどして

得をするのは 大手資本・外国メーカー のみになってしまいませんか?



『 どんなアパートでも建築したらみんな同じ家賃で20年間全室借りますよ 』

 しかも、家賃は税金として 皆に負担してもらいますから!!

 と考えると恐ろしいですね


地価下落が著しい 地方で広大な土地所有者の方は

アパートを建築するよりも もしかすると

太陽光発電 をした方が良いのかもしれませんね

スポンサーサイト

プロフィール

ライフィット和田山店

Author:ライフィット和田山店

最新コメント

最新トラックバック