記事一覧

評価は他人がするもの

自分で考えている評価(価値)と、他人が思っている評価(価値)が違うこと

この仕事をしていると、必ず思うときがあります。


不動産を売却するとき

『 数年前、○○○○万で誰々が売ってくれと言われたが、その時は断った 』

『 こんなに条件のいい不動産なんで、他とは違う 』

『 使っている柱が、他の家とは全然違う 』

などの話が出る事は、ざら ですし、 全く理解が出来ない事もないですが

当然ながら相手がそのことを理解しないと、売買は成立いたしません。

まぁ 『 売れなくても、お金に困っている訳でもないし いいや 』って考えている方は

それはそれで良いと思いますよ


アパート経営でも

『 家賃安くしているのに、そんなに修繕にお金かけれない 』  

『 まだ返済が残っているから、そんなに安く貸せるか 』 

『 賃貸で貸すのに、何でいちいち鍵を変えたり畳を変えたりしないといけないんだ 』

とお考えの方

そんな方に限って

ほかのアパートの募集状況を全く知りませんし、知ろうともされてないようですね

出来るだけ状況を知ってもらい、アパート経営に役立て頂こうと

状況を説明しても、聞く耳もたず

変わらず持論を展開され

さも我々不動産屋が悪い なんて事言われると






少しずつ疎遠になってゆきます











スポンサーサイト

プロフィール

ライフィット和田山店

Author:ライフィット和田山店

最新コメント

最新トラックバック