記事一覧

地積調査 をご存知ですか?

地籍調査とは、主に市町が主体となって、一筆ごとの土地の所有者・地番・地目を調査し、

境界の位置と面積を測量する調査です。


未調査の地域では、字限図は明治時代をに作られたものを元にしておりますので

実際の土地の面積とは誤差がある場合が多く、しかも土地形状も大きく異なる場合まであります

未調査地域での土地売買もしくは分筆をするには、境界の調査に多大な費用と時間を要してしまいます

またその際の費用は勿論、全額自己負担となります

※売買の場合、必ずしも測量が必要とは限りません


地籍調査では、境界をはさんだ土地所有者の方々に、双方の合意の上で土地の境界を確認し

署名捺印の後、登記の修正を行いますので

地積調査を行っていれば、分筆する際の費用も半分前後で済んだり

将来もし境界杭が紛失した場合においても、測量データーを基に正確に復元が可能になり

その都度、隣地の方へ立会いのお願いをする必要もなくなります

市から地籍調査が来た時には放置せず、

きちんと立ち会いして測量してもらう事をオススメいたします


ほんの僅かな土地面積に固視して、『 納得できるまでハンコは押さん!! 』 な~って言ってると

孫子の代で、困ることになるやもしれませんよ        気を付けて下さい


先日3年ほど前に土地を買って頂いたお客様より

『 地籍調査が終わって、図面を見たら公簿面積より1割強面積が増えた 』 と連絡を受けました

まぁ 元々地価の安い地域ですので お客さんも喜んでいた訳でもありませんでしたが

わざわざ連絡をくれた という事は 

何か御馳走 してもらえると  いう事でしょうか?


でも 〇〇さん   土地が増えたという事は

修正登記が完了すると


固定資産税の請求が・・・・・





 








スポンサーサイト

プロフィール

ライフィット和田山店

Author:ライフィット和田山店

最新コメント

最新トラックバック