記事一覧

空き家対策特別措置法

廃屋

2014年の臨時国会の提出された 『空き家対策特別措置法』 が11月19日に可決されたそうです



朝来市でも今年から 市内全域での 空き家バンク制度 が始まりましたし

全国各地の地方自治で同様の制度が運用されております


この 空き家バンク制度等の本来の目的は

放置家屋が増え続ける事による

空き巣や倒壊・不審火 などの危険性を減らすことを目的としております

ただ、現行では いくら危険な建物であったとしても

個人の所有物である建物に関して

行政は 取り壊しもしくは修繕などを 所有者へお願いするしか無いのが現状です


そこで、まず第1弾として

空家


空き家法では、近隣に危険や迷惑を及ぼす、特定空き家について、

市区町村に立ち入り調査、解体の指導や命令、行政代執行を行うことが認めるそうです

また 国土交通省はこれらの措置に加え、特定空き家には地方税法上の優遇措置をやめることで、

修理や賃貸住宅としての活用、土地の転売などを促し、危険な空き家を減らしたい考えだ そうです。

固定資産税の優遇措置

・・・が  誰が どんな基準で特定空き家として認定するのかなど

問題が多そうです  ね   

これに加え 将来的には固定資産の税制優遇の見直し  加速することでしょう

例えば 耕作放棄地に対する 農地の税制特例 なんかも・・・


今後の動向が気になります


 
スポンサーサイト

プロフィール

ライフィット和田山店

Author:ライフィット和田山店

最新コメント

最新トラックバック