記事一覧

2010年の県内の基準地価

県内の基準地価が発表されました。

不動産・建設関係者のブログなどで沢山書かれているので、
書くか迷いましたが、大事な情報ですのでやはりブログに書く事に決めました。

県内住宅下落率上位10 に但馬地域が3ヶ所入っておりました。

1位 養父市養父市場 252(282)▲10.0
2位 美方郡香美町村岡区福岡 195(216)▲9.7
8位 美方郡新温泉町諸寄 448(488)▲8.2

他には淡路地域の下落が多かったみたいです。

新聞記事はこちら
基準地価
基準地価2

ここ何年か但馬地区では下落しか見ていないような気がします。
人口減少・地域経済の低迷など要因は沢山あるんでしょうが、
この下落率は同地区では需要と供給が成り立っていないと想像ができます。
つまり不動産を「買いたいと思っている人」より不動産を「売りたいと思っている人」
のほうが多いと言うことでしょう。

土地所有者の方と不動産の売却の相談させて頂くと
「今は相場が安いから、景気が良くなってから売却しよう」
と言われる事がありますが、
個人的には、もはや景気の問題では無いような気がします....。

売れない土地・建物でもしっかり課税され、しかも維持管理にも労力とお金が掛かります。
今からでも 将来 不動産をどういう形で残し、活用するのか 
もしくは、どの不動産を売却するのかを真剣に考えた方が良いのかもしれません。

朝来市・養父市のエリアで不動産をお持ち方は、是非ご相談下さい。


 でも 決して「アパートを建てろ」とか「今すぐに売れ」とか言ったことでは無いですよ 
スポンサーサイト

プロフィール

ライフィット和田山店

Author:ライフィット和田山店

最新コメント

最新トラックバック