記事一覧

△給湯器などの凍結にご注意下さい△

皆様 こんにちはー

朝晩めっきり寒くなってきましたね
この時期になると増えてくるのが「給湯器の凍結」です・・・。

凍結事故を防ぐ為に
皆様!ご注意下さい!!

但馬の寒さはハンパではない!!
12月から3月いっぱいは凍結することが考えられます。

◆水道管の凍結を防ぐには・・・
水道凍結は、水道管の中にある水が凍結する事により起こります。
よって、水道の元栓を閉めて水を止めただけでは管の中にまだ水が残っている為凍結します。
さらに凍結が進むと膨張し水道管が破裂します。
蛇口を開けて、空気を入れる事により水道管の中の水が抜けて凍結しなくなります。(これが通常の水落しです)
この方法は、家を留守にしていない場合(朝、晩の凍結防止)の水落しです。
水道管内の水が常に流れた状態であれば、水は凍りにくくなります。
就寝前に浴室などの蛇口から水を少量出しておくことで、凍結を予防できるといわれています。
※出した分の水については、水道料金がかかりますので出し過ぎにはご注意ください。
※お湯を出しっ放しにすると、ガスの安全装置が作動する可能性がありますので、お湯側は出しっ放しにしないようお願いします。
水道管の場合凍結しやすいのはメーター部分です。メーターボックスに布をつめたり発砲スチロールなどで保温すると良いといわれています。

◆給湯器の凍結を防ぐには・・・
給湯器には色々な種類があります。ガス、灯油、電気等様々です。
もちろん給湯器には水のタンクがあり、水抜き栓が付いています。まずは、給湯機本体の水抜き栓を確認して下さい。
メーカー等によって水抜きの方法は異なるため、ここでは簡単に説明します。
(1) 運転スイッチを「切」る。 ※電源プラグは抜かない。
(2) 給湯器のガス栓を閉める。
(3) 給湯器の給水バルブを閉める。
(4) キッチン・浴室・洗面台などの蛇口を全開にする。
(5) 給湯器の給水管接続部 水抜き栓を外し、水を抜く。
(6) 給湯器の給湯管接続部 水抜き栓を外し、水を抜く。
(7) 水が出なくなったら給水側、給湯側水抜き栓をもとに戻す。給水バルブは閉めたままでOK。
(8) 最後に水道メーターが回っていないことを確認し完了。
※長期不在の場合、凍結予防ヒーターが作動しますので電気ブレーカーを落とさないで下さい。

万一、給湯器が凍結してしまった場合は、給湯器のリモコンを「切」る。
無理に解凍させようとせず、自然に溶けるのを待ちましょう~!
熱湯をかけるなど、無理に解凍させようとすると、急激な温度変化によって配管が破裂してしまう恐れがあります・・・。
凍結が解消され給湯栓から水が出るようになったら、給湯器や配管から水漏れがないかを確認して、使用を再開して下さい。

文章にすると難しくなっちゃいましたね

年末年始の休暇で帰省される方、旅行に行かれる方、留守にされる前に
ご面倒でも「水落とし」「水抜き」作業を忘れずに行って下さいね


凍結の場合、解氷作業を業者に頼むと時間や程度にもよりますが、8,000円~30,000円程費用が掛かるようです。
また、水道管が破裂した場合、建物への被害の修理費、近隣居室の財産被害などで当事者の負担額が増加と共に、精神的負担も重鎮なものになってしまいます・・・。

入居時に契約して頂いた保険(賠償責任保険付き)を確認下さい。万が一事故が発生した場合には、力を発揮してくれます。
未加入、更新をしていない方は至急加入して下さい。

今年もあと少し
楽しい年末年始を過ごしましょうヽ(´∀`)ノ




スポンサーサイト

プロフィール

ライフィット和田山店

Author:ライフィット和田山店

最新コメント

最新トラックバック