記事一覧

物件の地元不動産会社に相談・依頼するのが一番!!

「地方の物件は、基本的に地方の地元業者でないと売れませんよ」
たまに例外もありますが...。

ここ最近、大手不動産会社及び他府県の不動産会社の

≪売却物件 連絡先 ○○○-○○○-○○○ まで≫ 

って感じの看板をちょくちょく見かけるようになってきました。
依頼主は、ここ但馬出身の方もしくは相続された方で現在お住まいの地域の不動産会社に
相談してそのまま売却を依頼しているといったケースだと思います。

当社にもよく都会の不動産会社から 
「○○市○○町○○番地 付近の土地相場は、いくらぐらいですか?」
とか
「○○市○○町○○番 の不動産なんですけど売れるでしょうか?」
といった問い合わせ電話が掛かってきます。

全国地価マップなどでも相場は推定する事は出来ますが、田舎の方だと表示対象外だったりして査定しづらいのでしょう。

何年か前に、こんなご相談電話がありました。
神戸市在住のお客様:「○○市○○町○○番の土地なんですけど、こちらの不動産会社に相談したら、坪4万円ぐらいと聞いたんですけどそんなに安いんですか?」
私:「えっ 坪4万円でしたら僕が買いましょうか?(冗談ですけど)」

多分、一番最初に相談した不動産会社の方からすると、
「朝来市?田舎だからこれくらいでないと売れないだろう?」ってな感じで
「坪4万くらい」とおっしゃったのでしょう・・・。
私からすれば「分からなかったらいい加減な事言わなければ良いのに」って思います。

結局、その土地は4倍以上の金額で売買契約成立。もちろん仲介させて頂きました。


逆に私は、お客様より 西宮のマンションを売却してほしい などの相談を受けても丁重にお断りさせて頂きます。

その訳は、 ①物件が遠隔地だと売却不動産の調査をするだけでも相当な時間がかかる。
      ②その周辺での売買経験が無いので、全ての事に関して判断材料が乏しい。
      ③顧客リストなども無いので、結局他社に売却を依頼しないといけない。(自社で買主を見つけにくい)
     
     つまり 

     依頼主に対してメリットを提供できないからです!

まぁ、理由は他にもたくさんありますが、物件の地元不動産会社に相談・依頼するのが一番良いと思います。

朝来市・養父市の不動産を売るならライフィット和田山店でお願いします。
スポンサーサイト

プロフィール

ライフィット和田山店

Author:ライフィット和田山店

最新コメント

最新トラックバック